Pocket

酵素栄養学の第一人者の鶴見隆史先生の『健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵』の在庫がなくなりました。

そのまんま増刷するかどうか迷ったんですが、発売元の太陽出版さんが、カバーデザインを変えて「新版」として出せば、

またあらたにまとめて配本できる、というので、そのようにしました。

増刷って嬉しいんだけど、お金のこと考えると微妙なんですよね。

話題になって続々と注文が入ってくるような本だったら別だけど、

地味に長く売れる本というのは、売れるまでに時間がかかるわけで、そうなるとお金を回収するのにも時間がかかり・・・。

というね。

だから長い目で見れ利益になるんだけど、短期的にはマイナスになってしまうという。

でも、「新版」ってことにすると、もういちどまとめて配本できるので、そうなるとある程度お金が入って来るんです。

こういうこと、一社員時代はほとんど考えてなくって、

在庫がなくなってるのになんで増刷しないんだ!って、営業を恨み節の目で見てました。

増刷するかどうかって、難しいんですよね。

Pocket