Pocket

完成までに3年近くかかった服部先生の新刊『遺言~私が見た原子力と放射能の真実~』の完成を祝って、

服部先生とプチ忘年会を行いました。

場所は巣鴨の居酒屋さん。

充味」(みつあじ)です。

以前、巣鴨に来た時にランチで漬けマグロ丼を食べて美味しくて、

夜のメニュー見たら美味しそうなものがたくさんあったので、いつか来ようと狙ってた店です。

ちょうどこの日の先生のお泊りが巣鴨のアパホテルだというので、こちらでプチ忘年会をすることに。

 

最近はお酒は控えているとのことなので、ノンアルコールビールで乾杯です。

お酒こそ飲まれませんが食欲は旺盛で、御年83歳には見えないほどの食べっぷり。

(ここに来る前に駅前のサンマルクでパフェをたいらげてます・・・)

 

新作はタイトルが「遺言」と、ちょっと刺激的なんですが、中身に関しては満足してくださっていて、

あとはこれをいかに広めるかですね・・・などと作戦会議をしつつ。

本ができてすぐに各メディアや著名人、経産省のお役人に政治家、ブロガーなど、

いろんな人に献本してるのですが、今のところ反応が薄く、まだまだ頑張らねばと思っています。

 

先生の若い頃のモテっぷりや名古屋でのプライベートライフなどをつまみにさせていただき、

2時間半ほど楽しい時間を過ごさせていただきました。

先生、学生時代はコーラスをやっていたそうで、それを女学生がわざわざ見に来るほどだったとか。

テニスもかなりの腕前だったそうだし、モテモテですね。

いまでも地元で歌の教室に通われているとかで、カンツォーネを歌ってるそうです。

今度、カラオケで披露してもらおう・・・。

 

いい本出しても、読まれなければ意味がありません。

放射線ホルミシスは日本の60兆円という医療費の問題を解決する糸口となります。

超小型原発は日本のエネルギー問題を解決します。さらには防衛問題までも。

この両方にかかわっておられるのが服部先生です。

それらの真実をこの本でわかりやすく書いています。

多くの人に読んでいただき、この問題を考えていただきたいと思っています。

応援よろしくお願いいたします!

 

 

Pocket