本の紹介DETAIL

論語脳と算盤脳~なぜ渋沢栄一は道徳と経済を両立できたのか~

発売 2021/08/02
仕様 四六判・ソフトカバー・224ページ

篠浦伸禎著

¥1,760(税込)

商品概要

一流の経営者ならみんな知っている
「士魂商才」が身につく脳の使い方

人と社会の役に立つ「幸せなお金持ち脳」はどうすれば育つ?

「何歳になっても、ストレスを乗り越える生き方を勉強し、改善することを怠ってはなりません。
それが、渋沢栄一のように、年をとっても最後まで幸せに生きていくことにつながるでしょう」(本文「はじめに」より)

「今の日本は、戦後の教育が原因と思われる論語の喪失により、
医療、教育、仕事などあらゆる分野で保身優先、拝金主義になって行き詰まり、
どこから手をつければいいのか見当もつかない状況になりました。(中略)
我々も、それぞれが渋沢栄一になって、家族的な絆の強い集団をつくり行動すれば、
行き詰まりを打破することは決してできないことではないと私は感じています。
なぜならば、我々の中には、先達である渋沢栄一の生き方がDNAの中に眠っているはずであり、
彼の魂をしっかり受け継ぐことができれば、必ず世の中をいい方向に変えていける民族であると私は確信しています」(本文「おわりに」より)

渋沢栄一の強くてしなやかな精神を知ることは
幸せに長生きするための大きな道しるべになる

ページトップへ