Pocket

20170302_224600086_iOS

3月30日発売の新刊『BARカウンターから見える風景』の帯に、ウエンツ瑛士さんが推薦文をくれました。

僕はウエンツさんには会ったこともないし、事務所にコネもありません。

著者の盛本さんが手を回してとってきてくれたもの。

ほんと、ありがたいです。

カバーイラストは松尾たいこさんで、帯の推薦文がウエンツ瑛士さん、この豪華なカバー、いかがでしょうか?

我ながら惚れ惚れします。ほんと、うれしいなあ。

おかげで、なんか、すごいメジャー感のある装丁になりました。

本屋さんで平積みになると目立つだろうな~。

ああ、早く本屋さんで見たい・・・。

 

ちなみに、カバーイラストは松尾たいこさんに実際にお店に行ってもらって、

お店の雰囲気をつかんでもらったうえで描いていただきました。

カウンターに立ってる男性は著者です。

著者の盛本さんはあまり出たがらない人なので、顔は描かないでほしいとのことだったので、

そのリクエストも汲みつつ、本人の雰囲気も残しつつ、ああいう仕上がりになりました。

あごのラインとか、襟元の感じとか、本人を知ってる人が見ると、「ああ~~、似てる!」となるはずです。

お店は銀座にあります。というか、有楽町かな。泰明小学校の近く。

だいたい夜の8時くらいから朝の4時くらいまでやってるそう。

パソコンに昭和の曲が数万曲入ってるらしいです。

なので、聞きたい曲はたいていリクエストできます。

素敵なお店なので、ご興味のある方は是非訪れてみてください。

4月でちょうど10周年だそうです。

僕はここのレッドアイとソルティドッグが大好きです。

Pocket